ビジネス技術 実用英語大辞典 CD版

技術英語のバイブル ”海野辞典”

ネイティブによる16万件以上の用例・文例を収録した英語表現集。英和19900語、和英22500語、用例168800件(英和・和英)収録。

辞書で引けない技術英語

英作文に使えるトリビア

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナビゲーション性(?)

One change that can be disastrous for intranet navigability is requests from top management to change navigation labels to reflect the latest buzzwords or corporate fashions.

Intranet Information Architecture (IA) (Jakob Nielsen's Alertbox)

このnavigabilityという単語はとても和訳しにくいですね。この文脈ではイントラネット内をnavigateする性能、効率を指しています。つまり、利用者がどれだけ楽にイントラネット内のページを行き来できるか、ということですね。

逆にこういう単語を覚えておけば、上の意味を一語で言えるわけですから便利です。

スポンサーサイト

テーマ:オンライン英語学習 - ジャンル:学問・文化・芸術

PCとはIBM PC Compatibleを指す

PCとはIBM PC Compatibleを指す

But Apple still needs Microsoft, and especially Office, to remain on the Mac. Office gives the Mac the stamp of workplace respectability. Without it, sales into businesses would be all that much harder if only because customers will worry about compatibility issues with their PC-using vendors, customers, and so on.

What's Behind Apple's iWork?

日本語の記事の中で「PC」と書かれていれば「パソコン」の事だと考えるのが普通でしょうが、英語だと少し事情が違います。もちろん日本語と同様に「パソコン」一般を表す場合もありますが、上の引用のようにMacとの対比が読み取れる場面では「IBM PC compatible」を指します。

「IBM PC」とは現在のWindowsが動作するパソコンの原型となったマシンです。つまり、PC = IBM PC compatible = Windowsマシンと考えても、大抵の文脈で差し支えありません。

上の記事の日本語訳がアップルとマイクロソフト、また激突? (BusinessWeek):NBonline(日経ビジネス オンライン)です。こちらは「パソコン」と訳していますが、誤訳と言えるでしょう。

テーマ:オンライン英語学習 - ジャンル:学問・文化・芸術

「小技」

小技

While most of the space on the Rails wiki is devoted to the procmail-style approach, there are a few tidbits about using POP3 or IMAP to do the fetching,
Rail Spikes: Stress-free Incoming E-Mail Processing with Rails

tidbitsを「小技」と訳してみました。

「小技」の英訳としては「tweak」も浮かびますが、こちらは既存のものをいじる時、特に何かを直す時に使いますね。「tidbits」には特にそういうイメージはありません。

テーマ:オンライン英語学習 - ジャンル:学問・文化・芸術

No.020

No.020のバックナンバーです。
───────────────────────────
目次
 ̄ ̄
★1.今日のLinux英語
   『Things I can do in Linux that I can't do
on Windows. | dmartin.org』より
★2.注目エントリ
   『Podcastでプログラマーに必要な英語をStudyしよう!』
★3.小ネタ
   『transparently』
★4.お知らせ
───────────────────────────
★1.今日のLinux英語

今日は『Things I can do in Linux that I can't do on
Windows.
』から引用します。

記事の内容は、タイトル通り、LinuxでできてWindowsでできない
ことを11項目挙げるものです。こんなにあったかと関心させ
られます。

その中の一文です。

> If you hit snags, your only option is to hope Microsoft
> fixes it.

「snag」は「障害」と訳してよいと思います。「障害」に
相当する単語は今までにもいくつか紹介しましたね。
「snag」はその中でも軽い意味で、カジュアルな印象です。

もう一箇所見ておきましょう。
「option」は日本語の「オプション」だと思ってしまうと
意味を間違えやすくなります。「選択肢」ですね。

それでは訳です。

 もし何か問題に当たったとき、あなたが取れる唯一の
 選択肢は、マイクロソフトが直してくれることを祈るだけだ。


いかがでしたでしょうか?
ご意見、ご感想などお待ちしてます!

───────────────────────────
★2.注目エントリ

Podcastでプログラマーに必要な英語をStudyしよう!

日本にいる限り英語は話すよりも読む機会の方が普通多い
ものですが、勉強しようと思ったらやはり音声の素材に
勝るものはありません。

上のページでは技術者向けのPodcastを多数紹介していますので
興味のある方は自分にあったものを探してみてはいかがでしょう。

───────────────────────────
★3.小ネタ『transparently』

よく登場するのに、日本語にしにくい単語です。
意味は、「ユーザ(またはプログラマーなど)が意識して
いないうちに、見えないところで」という感じです。

例えば「このソフトウェアは対象ファイルがローカルに
あってもリモートにあってもtransparentlyに処理してくれる」
というように使われます。

───────────────────────────
★4.お知らせ

200余名の方に読んでいただいている本メールマガジンですが、
著者の都合により、No.022をもって休刊にしたいと思います。
来週、再来週は何らかの総集編をお送りする予定です。
ご愛読ありがとうございました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

テーマ:オンライン英語学習 - ジャンル:学問・文化・芸術

No.018

No.018のバックナンバーです。
───────────────────────────
皆さんこんにちは!
ご購読ありがとうございます。

今日は再び小ネタ特集です。
さっそく始めましょう。

───────────────────────────
★その1『tuple』

訳としては単に「組」と書かれていることが多いのですが、
それだけでは意味が分かりませんね。

典型的には、ハッシュテーブルのキーと値のようなデータの
ペアを意味します。他の例としては、ラベルと値、データ長と
データなどが考えられます。

★その2『stat』

ファイルのサイズやパーミッション、最終修正時刻など
ファイルに関する情報を取得するシステムコール、あるいは
コマンドの名前です。

あるいはもっと一般的には「statistics(統計)」の略語として
使われます。

ところが「state」や「status」の略として「stat」と言う
人がいて、紛らわしいことこの上ありません。
「state」や「status」を「stat」にしても大して短く
ならないのですから、略さずにそのままにするべきだと
私は思います(これが言いたかった)。

★その3『glitch』

俗語で、小さな不具合のことです。主だった機能を損うこと
はなくても、何かの拍子にがっかりさせられる、そんな
雰囲気の単語です。


いかがでしたでしょうか?
ご意見、ご感想などお待ちしてます!

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。