ビジネス技術 実用英語大辞典 CD版

技術英語のバイブル ”海野辞典”

ネイティブによる16万件以上の用例・文例を収録した英語表現集。英和19900語、和英22500語、用例168800件(英和・和英)収録。

辞書で引けない技術英語

英作文に使えるトリビア

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旧No.008

旧メールマガジンのNo.008です。


皆さんこんにちは!
購読ありがとうございます。

今日のLinux英語はPCLinuxOnlineの記事
Slick New Way to Install Linux』からです。

記事の内容は、Linuxのディストリビューションを
インストールするときに使うISOイメージを
好みに合わせて自動的に作ってくれるサービスが
登場したというものです。

今日のLinux英語

下の文は構成がやや難しく、またLinuxの記事らしいahoo.co.jp">linux_english@yah
言葉の使い方があったので取り上げました。

Built on LinuxCOE a powerful set of tools recently open sourced by Hewlett Packard, Instalinux makes installing Linux easier than ever.

「Linuxの記事らしい」のは「open sourced」です。
本来動詞ではない「open source」を動詞のように使っています。
意味は「オープンソースとして公開する」です。

文の主題は「Instalinux makes installing Linux easier」
(訳「InstalinuxがLinuxのインストールを簡単にする」)だけなのですが、
「Instalinux」と同格で併記されている「a powerful set of tools」に
ごてごてと装飾がついているのでややこしくなっています。

「Built on LinuxCOE」も「recently open sourced by Hewlett Packard」も
「a powerful set of tools」を説明しています。
訳は次のようになります。

  LinuxCOE上に構築され、最近ヒューレット・パッカードにより
  オープンソースとして公開された強力なツール群、Instalinuxは
  かつてないほどLinuxのインストールを簡単にする。

* * *

分からない英文がある方はブログへのコメントやメールで教えてください。
可能な限りお答えし、許可をいただければ紹介します!

小ネタ

tared

本編と同様、動詞化された単語を紹介します。
「tared」は、「tarコマンドによりアーカイブ化された」という意味です。
「a tared gzip file」と言われれば「.tar.gz」の付いたファイルを想像できます。
このように様々なコマンドや関数が動詞化されて使われます。

中古問合せはカーセンサーnet

Linux英語の達人2まぐまぐ!
スポンサーサイト

テーマ:オンライン英語学習 - ジャンル:学問・文化・芸術

旧No.007

旧メールマガジンのNo.007です。


皆さんこんにちは!
購読ありがとうございます。

今日のLinux英語は『Linux Man Page for PPPD (8)』からです。
一応いつも通りウェブページにリンクを張りましたが、
Linuxマシン上で「man pppd」としても読めると思います。

今日のLinux英語

今日取り上げたいのは「peer」という単語です。

Require the peer to authenticate itself before allowing network packets to be sent or received.

実は「peer」という単語には狭義の使い方と広義の使い方があります。
上に挙げたのは狭義の使い方で、「通信相手」を意味します。

一方広義の「peer」は、ネットワーク上に存在する端末全てを指すことができます。
例えばBitTorrentのようなシステムを「peer to peer」と言いますが、
この場合狭義の「peer」では意味が通じませんね。

このように、「peer」という単語が出てきたときには
狭義か広義か意識する必要があります。

* * *

分からない英文がある方はブログへのコメントやメールで教えてください。
可能な限りお答えし、許可をいただければ紹介します!

小ネタ

bogomips

「cat /proc/cpuinfo」を実行すると一番下に表示される単語です。
これは造語で、「bogus mips」を崩したものです。
「mips」というのは「million instructions per second」の略で
コンピュータの処理速度を表す単位ですが、それに「bogus」(偽の)がついて、
「mipsではないが、処理速度を表す一つの目安」を意味しています。

18万台の中古車物件を掲載『カーセンサーnet』


Linux英語の達人2まぐまぐ!

テーマ:オンライン英語学習 - ジャンル:学問・文化・芸術

旧No.006

旧メールマガジンのNo.006です。


皆さんこんにちは!
購読ありがとうございます。

今日のLinux英語は『Official Changelog for PC-BSD』からです。

PC-BSDというBSD系のOSの開発が行われているようですね。
Linuxではありませんが、使われる単語は同じですので紹介していきます。

今日のLinux英語

PC-BSD 1.0RC2の変更点のリストですが、
特徴的な単語を含んでいるので抜き出してみました。

PCBSD 1.0RC2 - Changelog
1-20-06 (Kris Moore)
--------------------------
* Updated Core FreeBSD with latest security patches.

(中略)
* Misc bugfixes.

特徴的な単語とは「1.0RC2」の「RC」と、最後の行の「Misc」です。

「RC」は「Release Candidate」(リリース候補)の略で、
バージョン名の一部としてよく使われます。
”候補”なので、正式リリースとして認められれば
内容はそのままに、バージョン名だけが
「RC~」の取れたものに変わります。

「Misc」は「miscellaneous」(雑多な)の略で、
ソフトウェアの添付ファイルやプログラムの中でよく使われます。

* * *

分からない英文がある方はブログへのコメントやメールで教えてください。
可能な限りお答えし、許可をいただければ紹介します!

小ネタ

endianness

「バイト順序」などと訳されると思いますが、
ほとんどの辞書には載っていない単語です。

バイト順序とは、表現するのに2バイト以上を要する数をメモリに格納するとき、
上位バイトを先に格納するか下位バイトを先に格納するかという形式のことです。
上位バイトを先に格納する形式を「big endian」、逆を「small endian」と呼びます。

ネットワークを介して送信するデータにはbig endianが適しているため、
big endianのことを「network byte order」と呼んだりもします。

また、x86アーキテクチャはsmall endianを採用しているため、
x86アーキテクチャ上で動くOSはネットワークにデータを流す前に
バイト順序を反転させていることになります。




Linux英語の達人2まぐまぐ!

テーマ:オンライン英語学習 - ジャンル:学問・文化・芸術

旧No.005

旧メールマガジンのNo.005です。


皆さんこんにちは!
購読ありがとうございます。

今日のLinux英語は『Linux Journal』の記事
Xen Virtualization and Linux Clustering, Part 1』からです。

Xenはオープンソースのx86アーキテクチャ仮想化ソフトです。
この記事では1台のマシンに複数のOSをインストールし、
しかもそれらをクラスタリングするという、
実験的な手順を解説しています。

今日のLinux英語

下の文に出てくる"privileged"という単語は
一般的には「特権を持つ」という意味ですが、
では"a privileged OS"とはどういう意味でしょうか?

Each Xen system has a single privileged OS, called Domain-0, that is responsible for starting and managing the other unprivileged OS instances.

上の文でいう"a single privileged OS"とは、
複数インストールされているOSのうち
直接ハードウェアを利用できるOSのことです。

逆に"the other unprivileged OS"は
仮想化されたハードウェアしか利用できない
(Xenを介してデバイスを操作する)OSになります。

ここでは"OS"に対して"privileged"が使われていましたが、
"user"に対してつかうと("the privileged user")
管理者権限を持つユーザ、つまりrootのことになります。
普段はこちらのケースで見る機会が多いでしょう。

* * *

分からない英文がある方はブログへのコメントやメールで教えてください。
可能な限りお答えし、許可をいただければ紹介します!

小ネタ

HTH

メーリングリストでよく使われる略語の第3弾です。
"HTH"は"Hope This Helps"を意味します。
つまり「お役に立てば」という結びの言葉です。

HTH,




Linux英語の達人2まぐまぐ!

テーマ:オンライン英語学習 - ジャンル:学問・文化・芸術

旧No.004

旧メールマガジンのNo.004です。


皆さんこんにちは!
購読ありがとうございます。

今日のLinux英語は『All about Linux』というブログのエントリ、
Creating and compiling Qt projects on the command line』からです。

All about LinuxにはLinuxのユーザや初級アドミニストレータが
関心をもちそうな話題が定期的にエントリされています。
文章も短めなので英語に慣れるには良いサイトかもしれません。

今日のLinux英語

下の文、変なところに節が挿入されているので戸惑ってしまいます。

The listing below shows a simple program which when compiled and run will display a label with the words "Linux is wonderful" inside its own window.

「when compiled and run」が挿入された節です。
文章の構成が分からなければ、挿入された部分を飛ばして
読んでみると良いでしょう。

訳:

 下のリストは、コンパイルして実行すると「Linux is wonderful」
 というラベルをウィンドウ内に表示する単純なプログラムです。


このようなイレギュラーな文に気づき、止まらずに読み進めるコツは、

・常に文の構成を意識しながら読む
・「when」がこのような節を作ることがあることを知っておく

が主なポイントだと思います。

* * *

分からない英文がある方はブログへのコメントやメールで教えてください。
可能な限りお答えし、許可をいただければ紹介します!

小ネタ

IMHO

前回に続き今回も英語のメーリングリストでよく見る略語です。
IMHOは「In My Humble Opinion」の略です。

しかし実際にこの略語を伴って書かれる意見は
かなり自信に満ちているものが多く、
全然「Humble」でないことが殆どなのですが(笑)。




Linux英語の達人2まぐまぐ!

テーマ:オンライン英語学習 - ジャンル:学問・文化・芸術

旧No.003

旧メールマガジンのNo.003です。


皆さんこんにちは!
購読ありがとうございます。

今日のLinux英語は『How to configure and use LIRC』からです。
LIRCは「Linux Infra-red Remote Control」の略で、
Linuxで赤外線のリモコンを使えるようにするための
ソフトウェアパッケージです。

今日のLinux英語

今日の文は短いのですが、一瞬戸惑うかもしれません。

To configure LIRC issue the command:

「LIRC」までで文が切れ、「issue」から先が
命令形になっているのがお分かりでしょうか。

「issue」は、一般には出版物を「発行する」という意味で
良く見かけますが、コマンドを「発行する」という風にも
使えるんですね。

訳は次のようになります。

 LIRCを設定するには次のコマンドを実行します:

* * *

分からない英文がある方はブログへのコメントやメールで教えてください。
可能な限りお答えし、許可をいただければ紹介します!

小ネタ

RTFM

これは英語のメーリングリストでよく使われる略語で、
「Read The F~ Manual」の略です。
"F~"には、Fで始まる単語なら何を入れてもいいのですが
普通は"Fine"を入れます;-)
「RTFD」で「Read The Document」を意味することもあります。




Linux英語の達人2まぐまぐ!

テーマ:オンライン英語学習 - ジャンル:学問・文化・芸術

旧No.002

旧メールマガジンのNo.002です。


皆さんこんにちは!
購読ありがとうございます。

今日のLinux英語は『10 things you should know about every Linux installation』からです。

今日のLinux英語

今日は2箇所抜き出してみました。まずは下の2文。
「say」はどう訳せばいいでしょう?

For example, say that you have two hard drives (named a and b),
one floppy drive, and one CD-ROM.
Let's say that the first hard drive has two partitions (named a1 and a2).

「say」はもちろん「言う」という意味で良く出てきますが、
例を導く時にもつかわれます。
「たとえば~ということにしよう」という意味です。
他の単語は簡単ですので訳は省略します。

もう一つの文はこちら。どこまでが主語か、つい迷ってしまいます。

One thing that Linux doesn't yet have going for it is vendor support.

文頭から「it」までが主語ですが、直後に「is」があるので
つい「it is ...」と「is」の方にくっつけたくなってしまいます。

実はこの直前の段落は下のようになっています。

Linux has come a long way in the few short years of its existence.
It is less than half the age of Microsoft Windows, and yet it is more powerful,
more stable, less resource-hungry, and graphically equal (if not superior) to
this costly, buggy OS from Redmond.

つまり、「it」は「Microsoft Windowsより優れていること」です。
訳は次のようになります。

 「Linuxがまだそこ(=Windowsより優れている)まで行っていない
 点の一つは、ベンダーサポートだ。」

* * *

分からない英文がある方はブログへのコメントやメールで教えてください。
可能な限り返事を書きます!

小ネタ

geek

最近はもう日本語の一部として使われていますが、
簡単に訳せば「オタク」になると思います。
元々「変人」という訳があるように良い意味ではなかったと思いますが、
最近ではむしろ「専門分野において高い能力を持つ」ということを表現する、
良い意味で使われることが多くなっているように感じられます。
Linuxカーネルのメンテナーたちは全員geekと言ってよいでしょう(笑)。

お申し込みで全員にプレゼント!聞き流す英単語帳無料で差し上げます!

Linux英語の達人2まぐまぐ!

テーマ:オンライン英語学習 - ジャンル:学問・文化・芸術

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。