ビジネス技術 実用英語大辞典 CD版

技術英語のバイブル ”海野辞典”

ネイティブによる16万件以上の用例・文例を収録した英語表現集。英和19900語、和英22500語、用例168800件(英和・和英)収録。

辞書で引けない技術英語

英作文に使えるトリビア

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No.019

No.019のバックナンバーです。
───────────────────────────
目次
 ̄ ̄
★1.今日のLinux英語
   『Linux: 2.6.21 Kernel Released | KernelTrap』より
★2.注目エントリ
   『Discover the Linux Kernel Virtual Machine』
★3.小ネタ
   『on-the-fly』
★4.お知らせ

───────────────────────────
★1.今日のLinux英語

今日は『Linux: 2.6.21 Kernel Released | KernelTrap
から引用します。

Linusが2.6.21のリリースに際して書いた文ですが、
機械翻訳ではほとんど意味が分かりませんでした。

> ... we were apparently unlucky enough to hit what looks
> like a previously unknown hardware errata in one of
> the ethernet drivers that got updated ...

分かりにくくなる原因の一つは「hit」の訳です。色々な
訳し方のできる単語ですから、目的語を手がかりにします。

ここでは何を「hit」しているか、良く読むと「errata」で
あることが分かります。一般には「誤植」のことですが
ITの世界ではリリースされてしまった不具合と言えば良い
でしょうか。

Linuxが「hardware errata」を「hit」したというのは
つまり「ハードウェアの不具合に当たってしまった」という
ことですね。

もう一点、訳を複雑にしているのは最後の「that got updated」
です。その直前までの部分でどのような問題があったか述べて、
最後に「(それが)更新された」と言っているわけです。
このように主語が長い文の中に埋もれているような場合に
機械翻訳の日本語は分かり難くなりやすいようです。

では以上を踏まえて訳してみます。

 不運だったようだが、以前は知られていなかったらしい
 ハードウェアの不具合にイーサネットドライバの
 一つが当たってしまった。これが修正された。


いかがでしたでしょうか?
ご意見、ご感想などお待ちしてます!

───────────────────────────
★2.注目エントリ

Discover the Linux Kernel Virtual Machine


仮想化の技術が実用的になるにつれ、競争も激しくなって
きましたね。上の記事はそんな仮想化技術の中で最初に
カーネルに取り込まれたKVMについてです。

記事の中ではまず仮想化方式のバリエーションを説明し、
他の仮想化方式との比較も交えてKVMを説明しています。

さらに、実際にKVMを使って仮想マシンを起動するコマンドから
仮想マシンを生成するサンプルプログラムまで掲載しています。
KVMに関する記事の中では技術的で中身の濃いものです。

───────────────────────────
★3.小ネタ『on-the-fly』

有名なオンライン辞書の訳がいまいちだったので紹介します。

Linux関連で「on-the-fly」と言ったら、ソフトウェアの
実行中に動作を止めることなく設定を変更したり、必要な
データをその場で生成するなど、 動的な振る舞いを指します。

───────────────────────────
★4.お知らせ

5月4日の発行はお休みです。次回は5月11日になります。
ご了承ください。

───────────────────────────
Linux英語の達人2まぐまぐ!

スポンサーサイト

No.018

No.018のバックナンバーです。
───────────────────────────
皆さんこんにちは!
ご購読ありがとうございます。

今日は再び小ネタ特集です。
さっそく始めましょう。

───────────────────────────
★その1『tuple』

訳としては単に「組」と書かれていることが多いのですが、
それだけでは意味が分かりませんね。

典型的には、ハッシュテーブルのキーと値のようなデータの
ペアを意味します。他の例としては、ラベルと値、データ長と
データなどが考えられます。

★その2『stat』

ファイルのサイズやパーミッション、最終修正時刻など
ファイルに関する情報を取得するシステムコール、あるいは
コマンドの名前です。

あるいはもっと一般的には「statistics(統計)」の略語として
使われます。

ところが「state」や「status」の略として「stat」と言う
人がいて、紛らわしいことこの上ありません。
「state」や「status」を「stat」にしても大して短く
ならないのですから、略さずにそのままにするべきだと
私は思います(これが言いたかった)。

★その3『glitch』

俗語で、小さな不具合のことです。主だった機能を損うこと
はなくても、何かの拍子にがっかりさせられる、そんな
雰囲気の単語です。


いかがでしたでしょうか?
ご意見、ご感想などお待ちしてます!

No.017

No.017のバックナンバーです。
───────────────────────────
目次
 ̄ ̄
★1.今日のLinux英語
   『Variables and Assignments: Learning Ruby』より
★2.注目エントリ
   『What's your "Linux Whine?" << Robitaille’s Blog』
★3.小ネタ
   『the go-go early Internet days』
───────────────────────────
★1.今日のLinux英語

今日は『Variables and Assignments: Learning Ruby
から引用します。

RubyやPerlなどのスクリプト言語はGNU/Linuxと深い係わりが
ありますね。そのスクリプトに関する単語を紹介します。

> Local variables have the quality of barewords;
> they must start with either a lowercase letter or
> the underscore character (_), and they must consist
> entirely of letters, numbers, and underscores.

『bareword』は『bare word』と書かれることもあります。
その意味は、上の英文の定義を読むより実例を見てもらった
方が早いでしょう。以下の文字列は bareword です。

class
fh
_f1

一方、barewordでないものは

@param
$key
self.work()

などです。なお、スクリプト言語によってbarewordの
定義は違いますので注意してください。例えばPerlでは
「FILE」もbarewordです。

では最後に訳を掲載しておきます。

 ローカル変数はベアワードの特質を持っている。
 つまり、小文字かアンダースコア(_)で始まり、
 全体が文字か数字、アンダースコアで構成され
 なければならない。

いかがでしたでしょうか?
ご意見、ご感想などお待ちしてます!

───────────────────────────
★2.注目エントリ

What's your "Linux Whine?" << Robitaille’s Blog

「whine」は「愚痴」や「ため息」のことですね。
このエントリではLinuxを使っていてちょっと愚痴を言いたい
事、不満のある事をまず筆者が書き、最後に読者にも
投稿を促しています。その結果216ものコメントが付くことに…。

他の人がGNU/Linuxで何を不便に感じているのかはちょっと
興味をそそることです。また、コメントの中には他の人の
"whine"の解決方法もまざっています。

コメント数が多いので一度に全部読むのは大変ですが、
気が向いたときに読んだり検索しても面白いかもしれませんね。

───────────────────────────
★3.小ネタ『the go-go early Internet days』

要するに「インターネットの黎明期」のことなんですが、
人々が興奮した雰囲気が出てる表現ですね。
出典は下の記事です。記事自体も非常に有用ですよ。

ONLamp.com -- The lighttpd Web Server

───────────────────────────
Linux英語の達人2まぐまぐ!

テーマ:オンライン英語学習 - ジャンル:学問・文化・芸術

No.016

No.016のバックナンバーです。
───────────────────────────
皆さんこんにちは!
ご購読ありがとうございます。

今回は(今回も?)趣向を変えて、小ネタ特集です。
文章ではなく単語だけ、ちょっと面白いものを3つ
ご紹介します。

───────────────────────────
★その1.『wow』

日本語の歌にもやたらと出てくる「wow」です。
すごいとか、格好いいと思った時の感嘆詞ですが、
実は動詞としても使われます。
「(人)に”Wow!”と言わせる」ということですね。
Linux関連ではソフトウェアの紹介などで見かけます。

★その2.『uber』

本当は「u」の上にウムラウト(点が2つ並んだアクセント記号)
が付くんですが、ドイツ語で「super」の意味です。
つまり「super」と言いたい場面で代わりに「uber」といいます。

★その3.『grok』

技術分野の俗語で、「良く理解する」という意味です。
ただ「分かった」というだけでなく、身をもって、
腹の底から理解していることを表します。


いかがでしたでしょうか?
ご意見、ご感想などお待ちしてます!

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。