ビジネス技術 実用英語大辞典 CD版

技術英語のバイブル ”海野辞典”

ネイティブによる16万件以上の用例・文例を収録した英語表現集。英和19900語、和英22500語、用例168800件(英和・和英)収録。

辞書で引けない技術英語

英作文に使えるトリビア

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旧No.007

旧メールマガジンのNo.007です。


皆さんこんにちは!
購読ありがとうございます。

今日のLinux英語は『Linux Man Page for PPPD (8)』からです。
一応いつも通りウェブページにリンクを張りましたが、
Linuxマシン上で「man pppd」としても読めると思います。

今日のLinux英語

今日取り上げたいのは「peer」という単語です。

Require the peer to authenticate itself before allowing network packets to be sent or received.

実は「peer」という単語には狭義の使い方と広義の使い方があります。
上に挙げたのは狭義の使い方で、「通信相手」を意味します。

一方広義の「peer」は、ネットワーク上に存在する端末全てを指すことができます。
例えばBitTorrentのようなシステムを「peer to peer」と言いますが、
この場合狭義の「peer」では意味が通じませんね。

このように、「peer」という単語が出てきたときには
狭義か広義か意識する必要があります。

* * *

分からない英文がある方はブログへのコメントやメールで教えてください。
可能な限りお答えし、許可をいただければ紹介します!

小ネタ

bogomips

「cat /proc/cpuinfo」を実行すると一番下に表示される単語です。
これは造語で、「bogus mips」を崩したものです。
「mips」というのは「million instructions per second」の略で
コンピュータの処理速度を表す単位ですが、それに「bogus」(偽の)がついて、
「mipsではないが、処理速度を表す一つの目安」を意味しています。

18万台の中古車物件を掲載『カーセンサーnet』


Linux英語の達人2まぐまぐ!
スポンサーサイト

テーマ:オンライン英語学習 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://linuxenglish.blog83.fc2.com/tb.php/20-0f0ce60f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。