ビジネス技術 実用英語大辞典 CD版

技術英語のバイブル ”海野辞典”

ネイティブによる16万件以上の用例・文例を収録した英語表現集。英和19900語、和英22500語、用例168800件(英和・和英)収録。

辞書で引けない技術英語

英作文に使えるトリビア

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No.013

No.013のバックナンバーです。
───────────────────────────
目次
 ̄ ̄
★1.今日のLinux英語 & 注目エントリ
   『Linux.com | The birth of a FOSS application』より
★2.小ネタ
   『rc』
★3.お知らせ
───────────────────────────
★1.今日のLinux英語 & 注目エントリ

今日は私が読んでとても面白かった記事を紹介しつつ、
その中から単語を紹介したいと思います。

Linux.com | The birth of a FOSS application

「FOSS」は「Free Open Source Software」のことですね。
Linuxディストリビューションに含まれる多くのソフトウェアが
FOSSです。この記事は、バンド活動をしている兄弟のために
メーリングリストアプリケーションを作ったプログラマが
そのソースコードを公開したときの経験を書き綴ったものです。

プログラミングのできる人は大勢いますが、ソースコードを
公開し、フィードバックを受け付け、コミュニティーを維持
していくことができる人は限られるのではないでしょうか。

この記事には一度ソースコードを公開したとき何が起こるか、
臨場感のある素直な文体で書かれています。プログラムを
書く人に特にお勧めの記事です。

ここで一文引用し、単語を紹介しましょう。

> Early bMail development was kludgy, lacking in peer review
> or community feedback, and done in haste to meet the
> band's minimal requirements.

先に訳です。

 初期のbMailの開発は間に合わせで、仲間によるレヴューや
 コミュニティーからのフィードバックにも欠け、バンドの
 最小限の要求を満たすために急いで行われたものだった。

特徴的な単語は「kludgy」です。「間に合わせ」という意味
ですが、多くのソフトウェアがkludgyに始まるように、
このソフトウェアも例外ではなかったということですね。
主にコンピュータの分野で使われる俗語に分類されています。

もう一つ注目したい単語は「peer」です。旧メールマガジンの
No.007
では「通信相手」という意味で紹介しましたが、
ここでは「仲間」という訳がしっくりきます。

元々「peer」には”同等のもの”を表す意味がありますが、
そう考えると「通信相手」も「仲間」もどこか通じるものが
ありますね。

さて記事の続きですが、プロジェクトは商標の問題から
poMMoと名前を変え、多くのユーザとコントリビュータに
恵まれたようです。記事の著者はプロジェクトが自分だけで
なくコミュニティ全体のものになることを望んでおり、
そのポリシーがコミュニティに伝わったのでしょう。
最後の段落を引用しておきます。

> At this point the software is far from complete.
> The community forums and feature list grow, the bugs
> come and go, developers hope for donations, and
> downloads increment. Such is the life of a Free
> Software project.

 現時点でもソフトウェアは完成には程遠い。
 コミュニティフォーラムと機能リストは伸び、
 バグが現れては消え、開発者が寄付を募り、
 ダウンロードが増える。
 それがフリーソフトウェアの生き様なのです。


いかがでしたでしょうか?
ご意見、ご感想などお待ちしてます!

───────────────────────────
★2.小ネタ『rc』

Linuxで「rcファイル」と言ったら、システムや
アプリケーションの起動時に自動的に実行されるコマンドの
記されたファイルですが、この「rc」の由来については
諸説あるようですね。

「runtime configuration」や「runlevel change」などの
説もありますが、1960年代のMITのスーパーコンピュータで
使われた「runcom (run commands)」というツールを起源と
する説が一番有力のようです。

───────────────────────────
★3.お知らせ

著者引き続き多忙につき、次号の発行は3月23日とさせて
いただきます。恐れ入りますがご了承ください。

Linux英語の達人2まぐまぐ!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://linuxenglish.blog83.fc2.com/tb.php/32-d1ffdc4e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スーパーコンピュータ

スーパーコンピュータ社のスーパーコンピュータスーパーコンピュータ(Supercomputer、略称:スパコン)とは、内部の演算処理速度がその時代の一般的なコンピュータより非常に高速な計算機(コンピュータ)のこと。HPCサーバ(High Performance Computing Server)と呼ば

  • 2007/03/11(日) 20:06:57 |
  • パソコン図書館

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。