ビジネス技術 実用英語大辞典 CD版

技術英語のバイブル ”海野辞典”

ネイティブによる16万件以上の用例・文例を収録した英語表現集。英和19900語、和英22500語、用例168800件(英和・和英)収録。

辞書で引けない技術英語

英作文に使えるトリビア

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No.018

No.018のバックナンバーです。
───────────────────────────
皆さんこんにちは!
ご購読ありがとうございます。

今日は再び小ネタ特集です。
さっそく始めましょう。

───────────────────────────
★その1『tuple』

訳としては単に「組」と書かれていることが多いのですが、
それだけでは意味が分かりませんね。

典型的には、ハッシュテーブルのキーと値のようなデータの
ペアを意味します。他の例としては、ラベルと値、データ長と
データなどが考えられます。

★その2『stat』

ファイルのサイズやパーミッション、最終修正時刻など
ファイルに関する情報を取得するシステムコール、あるいは
コマンドの名前です。

あるいはもっと一般的には「statistics(統計)」の略語として
使われます。

ところが「state」や「status」の略として「stat」と言う
人がいて、紛らわしいことこの上ありません。
「state」や「status」を「stat」にしても大して短く
ならないのですから、略さずにそのままにするべきだと
私は思います(これが言いたかった)。

★その3『glitch』

俗語で、小さな不具合のことです。主だった機能を損うこと
はなくても、何かの拍子にがっかりさせられる、そんな
雰囲気の単語です。


いかがでしたでしょうか?
ご意見、ご感想などお待ちしてます!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://linuxenglish.blog83.fc2.com/tb.php/61-139ecdf8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。