ビジネス技術 実用英語大辞典 CD版

技術英語のバイブル ”海野辞典”

ネイティブによる16万件以上の用例・文例を収録した英語表現集。英和19900語、和英22500語、用例168800件(英和・和英)収録。

辞書で引けない技術英語

英作文に使えるトリビア

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旧No.043

旧メールマガジンのNo.043です。


皆さんこんにちは!
購読ありがとうございます。

今日のLinux英語は『LWN: How Sun's Java got into Debian』からです。

JavaがDebianに含まれるようになったそうです。
この決定はユーザコミュニティが関わることなく行われたので、
様々な議論を呼んでいるようです。
上の記事はその議論についてまとめています。

今日のLinux英語

今日の文は確かにやや複雑な構文なのですが、
それよりも文の長さが読解を難しくしているようです。
節の意味を理解した上で、その節がどこを修飾しているのか
考えて読まなければなりません。

A number of clauses, including the requirement that
Java be distributed with the operating system and
the restrictions on shipping Java "in conjunction with"
alternative implementations, would seem to rule out a Debian Java package.

この文の主語は文頭の「A number of clauses」で、
対応する動詞などは文末の「would seem to ~」です。
まずはそれだけを読んで概要を掴みましょう。
試しに文頭と文末だけ和訳してみます。

 多くの条項が、DebianがJavaを除外することを
 思わせるかもしれない。

残りの部分で「clauses(=条項)」の例を2つ挙げています。
「the operating system」までが一つ、
「the restrictions」からがもう一つです。
それぞれの条項を訳すと次のようになります。

・JavaをOSと共に配布するという要求
・他の(Javaの)実装と”共に”出荷する際の制約事項

まとめると次のようになります。

 JavaをOSと共に配布するという要求や、
 他の実装と共に出荷する際の制約事項など、
 多くの条項が、DebianがJavaを除外することを
 思わせるかもしれない。

* * *

分からない英文がある方はブログへのコメントやメールで教えてください。
可能な限りお答えし、許可をいただければ紹介します!

小ネタ

the bleeding edge

直訳すると「血の滴る刃」ですが、
Linux英語としては「(開発の)最先端」です。
個人的には、この禍々しい表現から
まだ不安定なソフトウェアでシステムが
クラッシュするところを想像してしまいます(笑)。

Linux英語の達人2まぐまぐ!
スポンサーサイト

テーマ:オンライン英語学習 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://linuxenglish.blog83.fc2.com/tb.php/62-a12bea5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。