ビジネス技術 実用英語大辞典 CD版

技術英語のバイブル ”海野辞典”

ネイティブによる16万件以上の用例・文例を収録した英語表現集。英和19900語、和英22500語、用例168800件(英和・和英)収録。

辞書で引けない技術英語

英作文に使えるトリビア

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旧No.048

旧メールマガジンのNo.048です。


皆さんこんにちは!
購読ありがとうございます。

今日のLinux英語は『Re: [PATCH] Gerd Hoffman's
move-vsyscall-into-user-address-range patch
』からです。

これは記事ではなく、1ヶ月前にLinusがLinux Kernel Mailing Listに
投稿したメールです。カーネルの使命について強い調子で語っています。

今日のLinux英語

下の文がそのカーネルの使命を述べたものです。

It's to be the buffer between user space and shared resources.

ここではカーネルに主眼を置いて書かれていますが、
実は紹介したかったのは「user space」という言葉です。
カーネルを視野に入れず、ただ「user space」と言われた場合、
知識がないと何のことか分かりにくいと思います。

「user space」とは”カーネルではない領域”です。
上の文の通り、カーネルはリソース(=ハードウェア)を管理し、
「user space」で動作するプログラムに分配します。
つまり、目的を果たすためにカーネルからリソースをもらう必要があるのが
「user space」のプログラムです。

一応訳を添えておきます。

 それはユーザスペースとハードウェアの間の緩衝装置になることだ。

* * *

分からない英文がある方はブログへのコメントやメールで教えてください。
可能な限りお答えし、許可をいただければ紹介します!

小ネタ

qwerty

ご存知の方も多いと思いますが、これはキーボードの配列の名前です。
皆さんのキーボードもq・w・e・r・t・yが並んでいるでしょうから
”qwerty配列の”キーボードです。

この配列はChristopher Latham Sholesという人が1868年に
特許を取ったものだそうです。もちろんコンピュータは
ありませんからタイプライター向けだったのですが、
無理やりLinuxに結びつけると、多分みなさんのLinuxマシンにも
「qwerty」というディレクトリがあります。
気になったら探してみてください。

Linux英語の達人2まぐまぐ!
スポンサーサイト

テーマ:オンライン英語学習 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://linuxenglish.blog83.fc2.com/tb.php/68-e74c37d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。