ビジネス技術 実用英語大辞典 CD版

技術英語のバイブル ”海野辞典”

ネイティブによる16万件以上の用例・文例を収録した英語表現集。英和19900語、和英22500語、用例168800件(英和・和英)収録。

辞書で引けない技術英語

英作文に使えるトリビア

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旧No.049

旧メールマガジンのNo.049です。


皆さんこんにちは!
購読ありがとうございます。

今日のLinux英語は『GTK+ fundamentals, Part 2: How to use GTK+』からです。

GTK+はGnomeの基盤となっているツールキットですが、
上の記事はそのチュートリアルです。
developerWorksには他にも役立つ記事がたくさんあります。

今日のLinux英語

今日取り上げるのはプログラミング用語なのですが、
一般に使われるときの意味の多さに驚きました。
「callback」という単語です。

The main loop then looks through its internal mapping table
between its signals and handlers, also called callbacks,
and calls the handlers registered for the given signal on the given object.


プログラミング用語としては、簡単に言うと
外部からの信号を受けて実行される処理のことです。
Linux関連の文章で「callback」が出てきたら
ほぼこの意味だと思って間違いないでしょう。
上の文はこの「callback」の意味の説明になっています。

日本語で一般に「コールバック」と言ったら
たいてい「折り返し電話する」ことでしょうね。
ところがスペースアルクで調べてみると、英語では
上記の日本語の意味の他に様々な用法があることがわかりました。
Linuxとは関係ありませんが面白いですよ。

それでは訳です。

 次にメインループは、内部にあるシグナルとハンドラ
 (コールバックとも呼ばれる)の対応表を参照し、
 指定されたオブジェクトの指定されたシグナルに
 登録されたハンドラを呼び出す。

* * *

分からない英文がある方はブログへのコメントやメールで教えてください。
可能な限りお答えし、許可をいただければ紹介します!

小ネタ

tuto

知らなくても想像できるかもしれませんが、
これは「tutorial」のくだけた言い方です。
コンピュータ関連の文章の中ではよく見かけます。

Linux英語の達人2まぐまぐ!
スポンサーサイト

テーマ:オンライン英語学習 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://linuxenglish.blog83.fc2.com/tb.php/69-90b38c62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。