ビジネス技術 実用英語大辞典 CD版

技術英語のバイブル ”海野辞典”

ネイティブによる16万件以上の用例・文例を収録した英語表現集。英和19900語、和英22500語、用例168800件(英和・和英)収録。

辞書で引けない技術英語

英作文に使えるトリビア

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No.006

No.006のバックナンバーです。

───────────────────────────
皆さんこんにちは!
ご購読ありがとうございます。

今日はまず、おすすめメールマガジンをご紹介します。

どうせ英語を勉強するなら、内容も役立つものがいいですよね?
『英語でOracle!』は、海外のOracle関連情報を読みながら
英語を勉強してしまおうというメールマガジンです。

英文の解説以外に「英語ぷちクイズ」やOracleに関連する
技術的なクイズなどと内容が豊富な上に、その一つ一つが
丁寧で密度が濃い!のが特長です。ご覧になってみてください。

> 海外の有益な情報を読みながら、Oracle英文の練習ができる
> メルマガです。Oracleの英文が読解できれば、知り得る情報は
> 10倍以上に広がります。外資系企業に勤めるSE(OraclePlatinum
> 保有)が解説を交えてご紹介します。

英語でOracle! ~知り得る情報を10倍以上に~

 ☆ブログ形式のバックナンバーはこちら


それでは今日のメニューです。

───────────────────────────
目次
 ̄ ̄
★1.今日のLinux英語 & 注目エントリ
   『How To Become A Hacker』より
★2.小ネタ
   『Free as in rights』
★3.おしらせ

───────────────────────────
★1.今日のLinux英語 & 注目エントリ

今回は趣向を変えて、『How To Become A Hacker』と題された
このドキュメントから印象に残った文などを引用しつつ
紹介してみたいと思います。

まずタイトルの「Hacker」とは、どういう人たちのことで
しょうか?このドキュメントもその点から始まります。
下の文が端的に説明しています。

> Hackers built the Internet. Hackers made the Unix
> operating system what it is today.

一方、hackerではないのにhackerを騙る人々についても
述べています。crackersです。hackerと聞いてcrackerを
思い浮かべる人がいることを著者は嘆いています。
両者の違いは何でしょうか?

> The basic difference is this: hackers build things,
> crackers break them.

その後、「The Hacker Attitude」、「Basic Hacker Skills」、
「Status in the Hacker Culture」の3部にわたって実際に
hackerになるためのステップが書かれています。

著者はhackerになることを簡単だとは考えていません。
むしろその逆です。hackerになるための能力を身に付ける、
そのための意識の持ち方が「The Hacker Attitude」に
書かれています。

「Basic Hacker Skills」はやや具体的な内容になります。
hackerなら当然知っていなければならない事の数々です。
最後の4章は特に注目です。

> 4. If you don't have functional English, learn it.

その中に重い文がありました。

> If your writing is semi-literate, ungrammatical, and
> riddled with misspellings, many hackers (including
> myself) will tend to ignore you. While sloppy writing
> does not invariably mean sloppy thinking, we've
> generally found the correlation to be strong ― and we
> have no use for sloppy thinkers. If you can't yet
> write competently, learn to.

そしてこれは本当です。英語のメーリングリストには、
しばしば拙い英語の投稿が紛れ込みます。そして、その
内容が的外れなものだった場合特に、レスポンスの"温度"が
変わります。

私も正直言って英文を書くときは不安だらけで、
びくびくしながら投稿していた記憶がありますから
この文は、分かっていたこととはいえ重く感じました。

英語のレベルでプログラマーの実力を評価することが
どれほど妥当かという疑問はあります。が、現実として
英語で書けないことは大きなハンデになるのです。

しかし、だからと言って英文をネイティブスピーカーに
送るのを避けたりするのは本末転倒です。書かなければ
上達することもできません。そして、書いたものは実際に
読まれた方が、フィードバックが得られる分、早く上達
できるでしょう。

このドキュメントからは強い思い入れが感じられます。
それは著者のhackerとしてのプライドでしょうか。
強く、厳しく、熱い文章。読んでみてください。

───────────────────────────
★2.小ネタ『Free as in rights』

GNUのサイトを開けば、タイトルに
「Free as in Freedom」と書かれています。これは、ご存知の
通り「Free Software」の「Free」が「無料」ではなく
「自由」を意味することを主張するフレーズです。

この「Free as in Freedom」がしばしば「Free as in rights」
と書かれますが、言いたいことは同じです。

───────────────────────────
★3.おしらせ

来週と再来週の発行をお休みさせていただきます。
次の発行は1月12日になります。ご了承ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Linux英語の達人2まぐまぐ!
スポンサーサイト

テーマ:プログラミング - ジャンル:コンピュータ

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • 2009/01/29(木) 06:56:24 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://linuxenglish.blog83.fc2.com/tb.php/7-06700000
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。