ビジネス技術 実用英語大辞典 CD版

技術英語のバイブル ”海野辞典”

ネイティブによる16万件以上の用例・文例を収録した英語表現集。英和19900語、和英22500語、用例168800件(英和・和英)収録。

辞書で引けない技術英語

英作文に使えるトリビア

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旧No.059

旧メールマガジンのNo.059です。


皆さんこんにちは!
購読ありがとうございます。

今日のLinux英語は『Linux Device Drivers, Third Edition』の
『Chapter 12: PCI Drivers』からです。

オライリーから出版されている本なのですが、
PDF版をダウンロードすることもできます。
デバイスドライバを書く時には大変役立つ必読書です。

今日のLinux英語

今日の文も機械翻訳で微妙な訳になってしまうので取り上げます。
元の文は326ページの中ほど、20行目からです。

`from' is used to continue a search; it must be NULL
the first time you call either function,
and it must point to the device just found
if you are searching for more devices.

先に文脈を説明すると、これはカーネルが提供する関数を
説明している文です。関数は似たようなものが複数あり、
いずれもデバイスを検索するためのものです。
先頭「from」は関数の引数名です。

機械翻訳がひっかかるのは「must be」と「just found」の辺りです。
「must be」はこの場合もちろん「~に違いない」ではなく
「~でなければならない」ですよね。
「just found」は「今まさに見つかった(デバイス)」という意味です。

それ以外は難しいところはなさそうですね。
では訳です。

 「from」は検索を続けるのに使う。いずれの関数も
 最初に呼び出す時はfromはNULLでなければならない。
 そしてさらに検索を続けるなら、fromは直前に見つかった
 デバイスを指していなければならない。

* * *

分からない英文がある方はブログへのコメントやメールで教えてください。
可能な限りお答えし、許可をいただければ紹介します!

小ネタ

Signed-off-by:ers

名詞を動詞化するケースは良く見ますが、
まさかこんなものまで動詞になるとは思いませんでした。
これは8月10日にAndrew Mortonが使った表現です。

「Signed-off-by:」というのは、Linuxカーネルのパッチを書いたとき
書いた人や受領した人が署名するために使う決まり文句です。
署名した人はそのパッチがオープンソースソフトウェアとして
著作権上問題ないことなどを宣言する必要があるのです。
つまり、「Signed-off-by:ers」とは「Signed-off-by:」に名前を入れる
カーネルの主要メンテナーたちを指すことになります。

Linux英語の達人2まぐまぐ!
スポンサーサイト

テーマ:オンライン英語学習 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://linuxenglish.blog83.fc2.com/tb.php/80-ba8a429f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。