ビジネス技術 実用英語大辞典 CD版

技術英語のバイブル ”海野辞典”

ネイティブによる16万件以上の用例・文例を収録した英語表現集。英和19900語、和英22500語、用例168800件(英和・和英)収録。

辞書で引けない技術英語

英作文に使えるトリビア

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No.017

No.017のバックナンバーです。
───────────────────────────
目次
 ̄ ̄
★1.今日のLinux英語
   『Variables and Assignments: Learning Ruby』より
★2.注目エントリ
   『What's your "Linux Whine?" << Robitaille’s Blog』
★3.小ネタ
   『the go-go early Internet days』
───────────────────────────
★1.今日のLinux英語

今日は『Variables and Assignments: Learning Ruby
から引用します。

RubyやPerlなどのスクリプト言語はGNU/Linuxと深い係わりが
ありますね。そのスクリプトに関する単語を紹介します。

> Local variables have the quality of barewords;
> they must start with either a lowercase letter or
> the underscore character (_), and they must consist
> entirely of letters, numbers, and underscores.

『bareword』は『bare word』と書かれることもあります。
その意味は、上の英文の定義を読むより実例を見てもらった
方が早いでしょう。以下の文字列は bareword です。

class
fh
_f1

一方、barewordでないものは

@param
$key
self.work()

などです。なお、スクリプト言語によってbarewordの
定義は違いますので注意してください。例えばPerlでは
「FILE」もbarewordです。

では最後に訳を掲載しておきます。

 ローカル変数はベアワードの特質を持っている。
 つまり、小文字かアンダースコア(_)で始まり、
 全体が文字か数字、アンダースコアで構成され
 なければならない。

いかがでしたでしょうか?
ご意見、ご感想などお待ちしてます!

───────────────────────────
★2.注目エントリ

What's your "Linux Whine?" << Robitaille’s Blog

「whine」は「愚痴」や「ため息」のことですね。
このエントリではLinuxを使っていてちょっと愚痴を言いたい
事、不満のある事をまず筆者が書き、最後に読者にも
投稿を促しています。その結果216ものコメントが付くことに…。

他の人がGNU/Linuxで何を不便に感じているのかはちょっと
興味をそそることです。また、コメントの中には他の人の
"whine"の解決方法もまざっています。

コメント数が多いので一度に全部読むのは大変ですが、
気が向いたときに読んだり検索しても面白いかもしれませんね。

───────────────────────────
★3.小ネタ『the go-go early Internet days』

要するに「インターネットの黎明期」のことなんですが、
人々が興奮した雰囲気が出てる表現ですね。
出典は下の記事です。記事自体も非常に有用ですよ。

ONLamp.com -- The lighttpd Web Server

───────────────────────────
Linux英語の達人2まぐまぐ!

テーマ:オンライン英語学習 - ジャンル:学問・文化・芸術

No.016

No.016のバックナンバーです。
───────────────────────────
皆さんこんにちは!
ご購読ありがとうございます。

今回は(今回も?)趣向を変えて、小ネタ特集です。
文章ではなく単語だけ、ちょっと面白いものを3つ
ご紹介します。

───────────────────────────
★その1.『wow』

日本語の歌にもやたらと出てくる「wow」です。
すごいとか、格好いいと思った時の感嘆詞ですが、
実は動詞としても使われます。
「(人)に”Wow!”と言わせる」ということですね。
Linux関連ではソフトウェアの紹介などで見かけます。

★その2.『uber』

本当は「u」の上にウムラウト(点が2つ並んだアクセント記号)
が付くんですが、ドイツ語で「super」の意味です。
つまり「super」と言いたい場面で代わりに「uber」といいます。

★その3.『grok』

技術分野の俗語で、「良く理解する」という意味です。
ただ「分かった」というだけでなく、身をもって、
腹の底から理解していることを表します。


いかがでしたでしょうか?
ご意見、ご感想などお待ちしてます!

No.015

No.015のバックナンバーです。
───────────────────────────
目次
 ̄ ̄
★1.今日のLinux英語
   『Postfix manual - local(8)』より
★2.注目エントリ
   『タイトルで読む英文ニュース(後編)
      ~2つのシンタックス~ - ZDNet Japan』
★3.小ネタ
   『n00b』
───────────────────────────
★1.今日のLinux英語

今日はNo.010でも取り上げた『Postfix manual - local(8)
からもう一文ご紹介します。長い文ですが難しくはありません。
紹介したいのは「prepend」という単語です。

> In the case of UNIX-style mailbox delivery, the local(8)
> daemon prepends a "From sender time_stamp" envelope header
> to each message, prepends an X-Original-To: header with
> the recipient address as given to Postfix, prepends an
> optional Delivered-To: header with the final envelope
> recipient address, prepends a Return-Path: header with
> the envelope sender address, prepends a > character to
> lines beginning with "From ", and appends an empty line.

上の文中に5回も出てくる「prepend」という単語、皆さんの
辞書に載っているでしょうか?

これは技術的な俗語で「前につける」という意味です。
「前」を意味する接頭辞「pre」と、「後ろに付ける」という
意味の「append」から作られた造語ですね。
同じ意味の正しい単語は「prefix」です。

単語の説明は以上ですが、 せっかくですので上の文も
訳してみましょう:

 UNIXスタイルのmailboxに配達される場合は、local(8)
 デーモンが「From sender time_stamp」というエンベロープ・
 ヘッダーをメッセージの先頭に付け、Postfixに渡された
 受信者のアドレスをX-Original-To:ヘッダーとして付け、
 場合によってはエンベロープ上の最終受信者をDelivered-To:
 ヘッダーとして付け、エンベロープ上の送信者をReturn-
 Path:ヘッダーとして付け、「From 」で始まる行の
 先頭に「>」を付け、末尾に空行を加える。

いかがでしたでしょうか?
ご意見、ご感想などお待ちしてます!

───────────────────────────
★2.注目エントリ

タイトルで読む英文ニュース(後編)
   ~2つのシンタックス~ - ZDNet Japan


今日は動画の紹介です。

ZDNet Japanで英文ニュースのタイトルの読み方を解説した
動画が公開されていました。

ニュースのタイトルは直感的に分かるように書かれるはず
なので何となく意味は分かるものですが、自分で説明しようと
するとなかなか難しいでしょう。
そういう難しさを分かりやすく解説しています。

動画というのは環境さえ整っていればとっつきやすい形式ですね。
これからも積極的に紹介していこうと思います。

───────────────────────────
★3.小ネタ『n00b』

「n00b」は「newbie」、つまり「初心者」を侮蔑的、
あるいは自虐的に言う単語です。「o」の代わりに
「0」を使うところが余計に侮蔑的ですね…。

───────────────────────────
Linux英語の達人2まぐまぐ!

テーマ:オンライン英語学習 - ジャンル:学問・文化・芸術

No.004

No.004のバックナンバーです。

───────────────────────────
目次
 ̄ ̄
★1.今日のLinux英語
   『LWN: Novell, buyer's remorse, and the patent
     threat』より
★2.注目エントリ
   『Linux Pronunciation - Google Video』
★3.小ネタ
   『blob』
───────────────────────────
★1.今日のLinux英語

今日は『LWN: Novell, buyer's remorse, and the patent
threat
』からの引用です。

先月SUSE Linuxを販売しているNovellとMicrosoftが提携
しましたね。フリーソフトウェアの世界に対するその影響を
考察した記事です。とても重要な文です。

> When the patent attack comes, it will likely originate
> from a small litigation company which has no customers
> to offend and no assets to countersue for.

文脈としては、MicrosoftがNovellの顧客を特許侵害で
訴えた場合、その顧客は同時にMicrosoftの顧客でもある
可能性が高いので、そういう行動には出ないだろうと
予測している場面です。

構文は難しくないので、単語を先に見ていきましょう。

patent   : 特許
litigation : 訴訟
offend   : 機嫌を損ねる
assets   : 財産
countersue : 逆提訴する

以上を踏まえて訳してみます。

 特許攻撃があるとしたら、それは機嫌を損ねる顧客も
 逆提訴される財産もない小さな訴訟会社から始まるだろう。

いかがでしたでしょうか?
ご意見、ご感想などお待ちしてます!

───────────────────────────
★2.注目エントリ

Linux Pronunciation - Google Video

今日の注目エントリはビデオです。
人が自分の名前をどう発音しているか、Linusがインタヴュー
で答えています。最後に「Linux」の発音についても。

───────────────────────────
★3.小ネタ『blob』

「blob」は「Binary Large OBject」の略で、データベース
などに中身を意識せず格納されるデータのことです。

多くの場合、バイナリデータは画像であるとか実行ファイル
であるとか、何かしらメタ情報を伴って扱われるものですが、
そのメタ情報を取り去った、ただのデータ列が「blob」と
いうわけです。

元々「binary」の意味を含んでいますが、「binary blob」の
ように重複する形で使われることもあります。

───────────────────────────
Linux英語の達人2まぐまぐ!

テーマ:オンライン英語学習 - ジャンル:学問・文化・芸術

旧No.070

旧メールマガジンのNo.070です。


皆さんこんにちは!
購読ありがとうございます。

とうとう本メルマガのリニューアル版に発行許可が出ました!
本メルマガとリニューアル版の違いは:

・プレーンテキストになります!
・コーナーが1個増えます!

となっております。
よろしければ再登録をお願いしますm(_ _)m

『Linux英語の達人2』

こちらで本編を配信するのは今号が最後です。
来週、もう一度リニューアルのお知らせをさせていただき、
発行を停止する予定です。


さて今日のLinux英語は『Build a Skype Server for Your Home Phone System
| Linux Journal
』からです。

ご存知の通りSkypeはインターネットを使った電話ですが、
パソコンの電源が入っているときしか通話できないので、
常時稼動の専用マシンを設えてしまおうという話です。
電話線の切り方まで丁寧に説明しています。

今日のLinux英語

今日の文にはやっかいな単語が一つ含まれています。
どう解釈すれば良いでしょうか。

(略)then check the box opposite Remember my password.

Skypeの設定をする場面で、「Remember my password」という
チェックボックスがあるのですね。
しかし「opposite」という単語が挟まっています。
「opposite」は名詞だと「反対」、前置詞だと「~の反対に」、
形容詞だと「反対の」です。
ということは、チェックをするのでしょうか、しないのでしょうか?

上述した「opposite」の意味はどの辞書にも載っていると思います。
ところが「opposite」は副詞としても使われることがあり、
その用法が一部の辞書には載っていないようです。
そして今日の文の「opposite」は副詞として解釈するべきなのです。

つまり、原文の手順に従えばチェックボックスは最初
チェックされていない状態であり、それを”反転させて”
チェックを入れるので、「opposite」と添えてあるのです。

ちなみにチェックをはずすのであれば「uncheck」という単語を
使うのが自然ですから、「opposite」の意味を考えるまでもなく
チェックすることを言っているのは明白ですね。

では訳です。

 そしてRemember my passwordを反転させてチェックを入れてください。

* * *

分からない英文がある方はブログへのコメントやメールで教えてください。
可能な限りお答えし、許可をいただければ紹介します!

小ネタ

fire off

コンピュータ関連文書の中に「fire off」と出てきたら
それはたぶん「起動する」という意味です。
似た単語に「launch」というのがあり、こちらの方が
よく使われますね。

Linux英語の達人2まぐまぐ!

テーマ:オンライン英語学習 - ジャンル:学問・文化・芸術

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。